行政書士の勉強をどう進めるか

行政書士の試験に手っ取り早く受かるためには、勉強の方法に工夫が欠かせません。

具体的な、不合格を避けられるような行政書士の勉強の方法を説明しますと、行政書士の勉強は、どこかで教えてもらいながらやっていったほうがいいことは間違いありません。弁護士になる勉強でもした経験がある人でもない限り、行政書士になるための勉強をやろうとしてもまず波に乗れません(大学の法学部等に入っていても有利にならないくらいですから)。
複雑な法令から試験問題が出される以上、ややこしい難文を読みこなすことが毎日の勉強の基本になるからです。
学校に通うか、通信講座に通うかの二択になりますが、前者は時間と授業料の点で負担になる確率が高いため、後者のほうが最近はよく推薦されています。

それでは教えてもらう時間以外に、自主的に行政書士の勉強をするときのコツは何でしょうか。
試験の出題範囲は、たくさんの法令にまたがっていますから、教科書を買ってきても、とにかく範囲が広いことがネックとなります(最初めくったときは、おそらく試験までに全部やり終わるのか心配になることでしょう)。
そのいっぽうで、どのページにも難しい文章が並んでいるのですから、ちょっとやっただけですぐに投げ出してしまう人が毎年続出します。

ここで前のページまでに書いたことを思い出してください。
行政書士試験の難易度からもわかることですが、行政書士試験は毎年、ランダムに問題がつくられているわけではありません。毎年バラバラにつくられていると、おそらく合格率はもっと極端に下がるか、または毎年激しく上下してしまいます。
つまり行政書士の試験問題には毎年共通している部分があるのです。
少し前の試験問題を読んでいくと、よく試験に出ている範囲がどこなのかがわかりますし、問題文がどんなつくりになっているのかもつかむことができます。

行政書士の勉強で大事なことは、しかるべきプロに教わることと、過去の問題をよく読んだり解いたりして問題の特性を知ることだといえるでしょう。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<