行政書士の難易度をよく見つめよう

行政書士の試験の難易度は、「高い高い」としょっちゅういわれています。
しかし、ただ難易度が高いだけでは行政書士は人気資格のひとつには入ってこないでしょう。
つまり、ただやたらめったら難易度が高いだけではなく、ちゃんとした受かり方のようなものを
見抜いている人たちがいるということになります。

先に行政書士の難易度の目安となる、合格率のデータを参照してください。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成19年(2007年) 65157人 5631人 8.64%
平成20年(2008年) 63907人 4133人 6.47%
平成21年(2009年) 67348人 6095人 9.05%
平成22年(2010年) 70586人 4662人 6.60%
平成23年(2011年) 66297人 5337人 8.05%
平成24年(2012年) 59948人 5508人 9.19%
平成25年(2013年) 55436人 5597人 10.10%
平成26年(2014年) 48869人 4043人 8.27%

行政書士の試験は、合格率(難易度)がコントロールされていないという意見もありますがそうはいったものの、この数年はかなり似通っています。毎年10名に1名未満の割合でしか受かっていません。行政書士の難易度は、難関大学に合格に匹敵するものがあるのです。

それから、行政書士試験の難易度を考えるにあたって興味深いデータがあります。
行政書士に合格するための条件が実は公表されています。

  1. 法令科目で、全244点中122点以上の正解を出している
  2. 一般知識科目で、全56点中24点以上の正解を出している
  3. 全試験問題300点中180点以上の正解を出している

この3つの条件を漏れなく満たさないと合格させてもらえません
(受験者の出来不出来によって、この条件を急遽調整することもあるとは告知されています。
しかし実際にそれが行われることはほとんど期待できません)。
行政書士の試験では、法令科目も一般知識科目も一定の水準で解答できるようにならないと
合格できないようになっているのです。

行政書士の試験に、特に法令や行政手続きについてよく知らない人が臨むなら、効率のいい勉強をしないといけません、さもないと上に述べた合格基準を超えられないでしょう。
しかし、行政書士の合格者の中にはその合格基準を1回の受験で突破した素人が毎年います
(それもただのまぐれではないですし、ほかの人でもじゅうぶん模倣できるような勉強の秘訣があるのです。

勉強法を決めるときの注意点を次のページで書いていきます。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<