行政書士の試験を受けてみよう

行政書士になって、就職・転職を有利にしたり、それか開業でもしたりするために有益な情報を前ページまで掲載してきましたが、ここからは行政書士の試験に受かるための情報に着目していきましょう。まずは、肝心の行政書士の試験の中身です。

行政書士の試験を受けるときは、いつ受ければいいのか第一に知らないといけません。

行政書士試験の申込受付 8月上旬~9月上旬
(行政書士試験の受験料) 7000円
(行政書士試験の受験資格) なし(平成12年度より)
行政書士の試験日 11月第2日曜日
午後1時~4時
行政書士試験の合格発表 1月下旬
行政書士試験の合格証の送付 2月中旬~下旬

行政書士の資格は就職・転職を有利にしてくれることは事実ですが、手に入るまでには時間がかかります。就職活動や転職活動をいつ頃からやらないといけないのか、ひとりひとりがよく確認して計画を立てていくことが求められてきます。

次に行政書士試験の問題の内容を知ってほしいと思います。

法令科目
(全46問)
憲法(6問) 民法(11問) 商法・会社法(5問)
行政法の一般的な法理論(7問) 行政事件訴訟法(5問) 
行政手続法(3問) 行政不服審査法(2問)
地方自治法(3問) 国家賠償法(2問) 基礎法学(2問)
一般知識科目
(全14問)
政治・経済・社会(7問) 情報通信・個人情報保護(4問)
文章理解(3問)

※試験科目の問題数やカテゴリは、数年おきに少量ずつ変更がありますから、これからもずっと
この通りで行われるという意味ではありません。

行政書士の試験科目は半分以上が法令科目で構成されています。その法令科目の内訳もかなり複雑に分けられていますが、行政法関連と憲法は、行政手続きの専門知識を問う意向、民法と商法・会社法は、民事法務の専門知識を問う意向で出題がされています。
一般知識課目は、法令科目に入り切らない法知識や書類作成に必要なスキルを問うほか、社会の変化が書士業務に与える影響を把握できているかを問う意向で出題がされています。

行政書士試験はとにかくボリュームたっぷりの問題が出されるのですが、その難しさについては次のページでもっと深く掘り下げていきます。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<