行政書士の年収の高さとは

行政書士に就職・転職、あるいは開業でもした場合の年収はどれくらいになるでしょうか? 

結論を先に書いてしまうなら? 幅を持たせながら行政書士の平均収入を書くなら500万円~900万円といった数字になるでしょうか。下は300万円以下、上は1500万円以上と格差があるため、平均年収を出してもその額をもらっている行政書士が多いとはいえません。

行政書士の資格をとってから就職・転職を果たした場合、当然ですがその勤務先の就業体系に従うことになるでしょう。
企業の法務部や総務部のような部署に入るにしても、これらの部署は業種に関係なくありますが
「その年代のサラリーマン、OLの平均年収と同じか、少し多いくらい」の年収をもらえる
と思っておくといいでしょう。とにかく安定感があることは間違いありません。
勤務年数の長さや昇進等が順調に反映されれば、年収はどんどん上がっていくことになります。

法律事務所等に就職・転職をした行政書士の場合はどうでしょうか。実はこの場合も年収にはけっこう格差がありますが、担当する仕事の内容にもよります(最初から行政書士としての勤務になることもあれば、補助業務からはじまることもありますから)。
同じ年齢の行政書士合格者でも、事務所に寄って年収に倍近い差が出ることもありえますから事務所に入るときはよく確認して、給与が不満なら可能な範囲で交渉したほうがいいでしょう。

しかし、行政書士の年収は、開業をした場合はもっと幅ができます。しかも安定感もなくなりますから、就職・転職を選んで安定させたがる人が少なくないことは否めません。
しかし、年収を大きく増やせる可能性が高いのは開業型行政書士のほうです。開業の場合は「年収が前職より下がってしまう」「数年で廃業、または書士業からフェイドアウト」という失敗例が大量にあることは事実ですが、それでも2~3年でうまく波をつくって前職よりも年収を100万円以上増やせたというパターンが昔からずっと続いています。
行政書士で開業したら、仕事をとってくるまでがたいへんですが、最初の数件の依頼をうまくこなせばその後は紹介等で継続的に仕事が入ってくることも多いのです。

行政書士の年収は、安定志向だったら企業に入って地道に増やしていくことがおすすめですし、 派手に年収を増やしたいなら開業を狙うことがおすすめです。
開業型で年収を増やすからくりについては次のページで改めて考察していきます。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<