行政書士に受かって開業・独立するなら

行政書士の資格を使って就職・転職をしたいと願う人たちは確実に増加中のようです。が、実は企業の社員になることに強くこだわっているとは限らないのではないでしょうか。
「輝かしいキャリアを築けるなら他の道でもいい」と思う人たちのほうがむしろ多数派でしょう。そして行政書士の資格は、就職・転職以外の飛躍のチャンス、すなわち開業や独立のチャンスを
運んできてくれます。

行政書士の試験に受かってもすぐに開業をする必要はありませんが、頃合いを見計らって独立・開業をすることは、やはりなるべく多くの合格者に試してほしいものです。
行政書士はもともと独立・開業型の資格ですから。
以後のページでも後述しますが、行政書士の開業で入ってくるメリットについては仕事面での選択肢が豊富なことや、報酬の決定が容易なことがあげられます。

行政書士は、人生を大局的に見据えた場合に、本当に多くの可能性が潜んでいる資格です。
行政書士の資格をとってから、それを使って企業の法務部等、あるいは法律系の事務所に就職・転職をすることもできますが、その後も自身の状況の変化に応じて、好きなタイミングで開業をして新たな成功への道を歩むこともできるのです(もちろん、やる前にそれなりの下調べや準備は欠かせませんが)。
特に、他の事務所に入った場合は、開業型の行政書士として修業を積む時間を持つこともしやすいですから(ただ補助的な業務ばかりを任されることもありますから実務をしたいことを訴えていく必要はありますが)、行政書士合格→就職・転職をして実務経験→満を持して独立、開業と、絵にかいたような順調な道を歩むこともできます。

行政書士の資格をこれから狙う人たちは、就職・転職のほかに開業という選択肢もあること、そして開業をすることはどんな人でもできて、なおかつ大規模な成功をつかむチャンスがあることをよく知ってほしいものです。
次のページからは、行政書士の年収や報酬の実情について説明しましょう。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<