行政書士に受かって転職を成功させるなら

行政書士の資格を手に入れてから転職をうまく成功させたいと思う人たちにとって、いったいどんな仕事選びが大切で、どうやったら行政書士ならではの転職がうまくいきそうでしょうか? 前ページから一変して、社会人経験者の例を書いていきます。

転職活動中は求人情報を調べるのが世の常で、求人要綱につきものの資格の欄も当然よく転職希望者は見るはずですが、行政書士の資格が、求められる資格として指定されていることは、実はめったにありません。
つまり行政書士に受かってから転職するなら、普通の求人を探すだけでは前進できません。

ところで、行政書士の資格が活かされる仕事にはいったいどんなものがあるのでしょうか? 
代表的な例は企業の法務部や総務部といった部署でしょう(前ページでも書きましたが)。
こういった部署では、官公署をはじめさまざまな役所・役場や公立の機関に提出する書類を準備したり、あるいは手続きを進めたりする仕事が多いですから、行政書士の試験勉強で学習する知識が活かされる機会も必然的に増えるのです。
これらの部署に転職したいなら、行政書士の資格を求められていなくても積極的に応募していくべきです(事前の企業研究をして、どんな人材を求めているか調べることは大事ですが)。面接等で、行政書士に受かったことや法知識の深さをPRしていけば、他の応募者より有利な立場になれるはずです。

行政書士の資格を活かした転職にはもうひとつの領域もあります。
それは、行政書士の事務所や法律事務所ですね。行政書士の法人化が認められて以来、行政書士が行政書士を雇う例も増えているようですし、弁護士事務所等が行政書士を雇う例も多めに報告されるようになりました。
そして、複数の有資格者が集まって合同事務所を設立する例も目立つ時代になってきています。

これらの事務所に転職する場合は、いずれは独立する機会も持ちやすいといえますが、こちらの場合も求人はあまり出回りません。法律系事務所に転職をしたいなら居住地周辺の事務所を徹底的に洗い出して、求人が出ていなくても連絡をして行政書士合格済みだとPRして売り込んでいくことが、転職成功への近道といえます。

大きく2通りの例をあげて行政書士合格後の転職のコツを説明しましたが、試験勉強と並行して、たまに転職先を探していくことも大事でしょう。
既存の行政書士に助言を受けることもいいですが、学校や通信講座を使って勉強していくなら、講師やコネを通じて助言を受けられる機会も持ちやすくなります。

次を読む


>>予備知識がなくても行政書士に一発合格できる勉強法<<